痩身エステは痛い?痛みの強い施術・痛くない施術&エステサロンまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「これからエステに通おうと思ってるけど、痛みが苦手なので不安」
「できれば痛くない痩身エステ・施術を受けたい」
「体験してみたけど痛かった。別のところにしたい…」

1度でも痩身エステの施術を受けたことがある方なら分かると思いますが、痩身エステってけっこう痛いんですよね。特にセルライトがひどい部分は、かなり痛いです。

リラクゼーションを目的とするエステサロンであれば、ほとんど痛みはありませんが、ダイエットを目的とする痩身エステは、どうしても痛みを伴うことが多くなってしまいます。

「痛い=効果が高い」というわけではないので、できれば痛みが少なくて、なおかつ効果も高いエステサロン・施術がいいですよね。

そこで今回は、

痛みのある注意したい施術
痛みが少ないおすすめの施術
大手エステサロンの痛みのレベル

を紹介します。

大手のエステサロン20社以上を、実際に体験調査した当サイトの編集部だからこそ分かる「痛かった施術・痛くなかった施術・痛くなかったエステサロン」を紹介していきます。

ほとんどの種類の施術を試しているので、ぜひ参考にしてみてください!

同じ施術でも痛い人と痛くない人がいる理由

痩身エステの施術が痛い原因は、ズバリ「セルライト」です。

同じ施術を受けたとしても、セルライトがひどい人は痛みを強く感じますし、セルライトがほとんどない人はあまり痛く感じないでしょう。

そもそもセルライトの原因は、

代謝が悪い→身体が冷える→血流が悪くなる→リンパが滞る

という悪循環に陥っているからです。

痩身エステはこれらの悪循環を改善していけるので、痛みはあるものの、セルライト除去に効果的な方法と言えるでしょう。

「やっぱり痛みは避けられないのか…」と思った方、安心してください。最初は痛みを感じたとしても、セルライトの減少とともに痛みはだんだんと弱くなっていきます。

そして最近の施術は、痛みを感じづらいメニューも多くなっています。記事の後半で痛く感じづらい施術を紹介するので、チェックしてみてくださいね!

実際に試してみて「痛かった施術」

痩身エステの施術のなかでも、痛みを感じやすい施術と、感じづらい施術があります。

まずは痛いと感じる方が多い施術を紹介します。

痛みレベルの説明

  • ★☆☆☆☆:全く痛みを感じない。かなりリラックスできる
  • ★★☆☆☆:痛気持ちいいレベル
  • ★★★☆☆:少し痛みを感じるが我慢できなくはない
  • ★★★★☆:痛い。痛みに弱い人だと少し厳しい
  • ★★★★★:強い痛みを感じる。通うたびに覚悟がいる

それぞれの施術を実際に編集部で体験し、痛みの強さを5段階で評価しています。

もちろんエステサロンや施術者によっても変わるので、一概には言い切れませんが、参考にしてみてください。

1、リンパドレナージュ

リンパドレナージュは、詰まったリンパ管に対して、圧力をかけて全身のリンパの流れを促進させるマッサージ方法です。

名前通り、リンパの詰まりを解消していくので、デトックス効果や代謝の活性化が期待できます。

リンパドレナージュの痛み【★★★☆☆】

リンパドレナージュの痛みは、リンパの詰まり具合とエステサロンによって変わってきます。本来は優しい圧力をかけるものですが、サロンによってはゴリゴリおこなうところもあるでしょう。

痛みに弱い方は、事前に確認するのがオススメです。

2、インドエステ(アーユルヴェーダ)

インドエステは、リンパドレナージュと似た施術ですが、発汗作用を促すオリジナルオイルを使って、強めの圧力でおこなうという特徴があります。

デトックス効果や代謝の活性化だけでなく、セルライトにも効果的で、太りにくく痩せやすい体質に改善できると言われています。

インドエステの痛み【★★★★★】

インドエステの痛みはサロンにもよりますが、通常のリンパドレナージュより強めの圧力をかけるので、どうしても痛みは強くなる傾向があります。

リンパが詰まってしまっている方だと激痛とも言われているので、注意しましょう。

3、カッピング

カッピングは、専用のカップを肌に吸着させて、血行を良くする施術です。

カッピングには即効性はないものの、血行が良くなることで代謝がアップし、痩せやすい体質を作ることができると言われています。

カッピングの痛み【★★★☆☆】

カッピングは最初は痛いものの、慣れてくると痛みは減ってくる特徴があります。

ただし、青あざのようなカッピング痕が、長いと1週間程度残る場合もあるようなので、注意しましょう。

4、ハイフ(HIFU)

ハイフは脂肪細胞にピンポイントで、超音波を照射する施術です。部分痩せができるという特徴があります。

また、肌の弾力やハリを取り戻す効果もあると言われており、ボディだけでなくフェイシャルエステでも人気の施術です。

ハイフの痛み【★★★☆☆】

エステサロンのハイフは、医療用と比べて出力が低くなっているので、あまり痛みがないと言われています。ただし、古い機械を使用していると痛みを感じることもあるので「痛い施術」に分類しました。

最新機器を使用している大手のエステサロンで受けるのがおすすめです。

実際に試してみて「痛くなかった施術」

ここからは、痛くない施術を紹介します。

編集部でも試してみて、実際に痛くなかった施術なので、痛みに弱い方にはおすすめです。

これから紹介する施術は、基本的には痛くないのですが、セルライトがひどい場合は多少の痛みを感じることもあります。また、エステサロンによって扱う機器や施術者が異なるので、絶対ではありません。

あくまで痛みを感じづらい施術というだけなので、受けるときは強さの調整をお願いするといいでしょう。

1、キャビテーション

キャビテーションを太ももに受ける

痩身エステでおなじみのキャビテーションは、特殊な超音波を発生させ、気になる部位に照射することで脂肪細胞を破壊していく施術です。

キャビテーションは、脂肪細胞に直接作用するので、頑固な脂肪やセルライトケアに最適と言われています。施術後にトリートメントで流してあげるとより効果を高められます。

キャビテーションの痛み【★★☆☆☆】

キャビテーションは、基本的には痛みのない施術です。

ただし、人によってキーンという耳障りな音を感じる場合はあります。

2、ラジオ波(RF波)

ラジオ波は高周波の電磁波で、脂肪の深層部位まで温められる美容機器です。

代謝を上げる効果があり、脂肪の燃焼・分解・排出を促進するので、これからの施術の効果をより高めることができます。

ラジオ波の痛み【★☆☆☆☆】

ラジオ波は深部を温める施術なので、多少の熱を感じることはありますが、痛みを感じることは少ないはずです。

3、ハイパーナイフ

お腹にキャビテーションを受ける

ハイパーナイフは、ラジオ波よりもさらに高い熱を体の内部に浸透させることで、気になる脂肪を分解・除去していく高周波マシンです。

ピンポイントで気になる脂肪を除去することができ、1回でも効果を実感しやすいという特徴があります。

ハイパーナイフの痛み【★★☆☆☆】

ハイパーナイフと言うと名前は痛そうですが、実際にはじんわり温かいマッサージを受けている感覚で、気持ちいいと思うはずです。

老廃物やセルライトが溜まっていると痛い場合もありますが、ハンドマッサージと比べると痛くない施術でしょう。

4、EMS

EMSは、電流刺激を与えることで寝たままでも筋肉運動ができる美容機器です。

筋肉量を増やすことで、痩せやすく太りづらい体質を作ることができます。

EMSの痛み【★★☆☆☆】

EMSは筋肉に電気刺激を与えるので、少し引っ張られる感覚はありますが、痛みを感じることは少ないはずです。

もし電気が強いと感じた場合は調整できるので、エステティシャンに伝えましょう。

5、エンダモロジー

エンダモロジーは、コンピュータによって制御された特殊なローラーで、「脂肪のもみ出しと吸引」を同時に行なってくれる美容機器です。

人間のハンドテクニックでは再現できないトリートメントが行えるので、より効率的にセルライトケアが可能と言われています。

エンダモロジーの痛み【★★☆☆☆】

エンダモロジーは、ハンドトリートメントとは異なり、ほとんど痛みを感じません。

基本的にはリラックスできる施術ですが、初めての方でむくみ・詰まり・セルライトなどがひどいと、多少痛みを感じる場合もあるようです。

6、脂肪冷却

脂肪冷却は、脂肪細胞だけが変化する4℃で冷やしていく施術です。アメリカの厚生労働省にあたるFDAでは脂肪減少効果を認めています。

1回で約20%の脂肪細胞にダメージを与えるので着実な部分痩せが可能となり、脂肪細胞の数を減らすのでリバウンドもしづらいという特徴があります。

脂肪冷却の痛み【★☆☆☆☆】

脂肪冷却の見た目はすごく痛そうですが、実際には冷たさだけで、痛みはほとんど感じません。

ただし、最初の数回はチクチクする程度の軽い痛みを感じる方もいるようです。

実際に試して分かった大手エステサロンの痛みのレベル一覧

サロン名 痛みのレベル 実際に受けた感想
キレイサローネ ★☆☆☆☆ 全然痛くなく、途中気持ちよくて寝てしまった。
オリエンタルスタイル ★★☆☆☆ 脂肪冷却コースを選択。冷たさは感じたが、痛みはほぼなかった。
ラ・パルレ ★★★☆☆  
BTB ★★★☆☆  
ヴィトゥレ ★★★☆☆ 下半身コースを選択したところ、ハンドマッサージは痛かった。強さの調節はできるそう。
スリムビューティハウス ★★★★☆ トリートメントとカッピングは結構痛かった。ただし、効果は実感できた。

※サロン名をクリックすると、サービス内容や口コミなどの詳細をまとめたページに移動します。

上の表が大手のエステサロンを全て、実際に体験調査して分かった「サロン別の痛みレベル」です。

5段階評価で★が少ないほど痛みが少なく、多いほど痛いという意味になっています。

ここに記載のないエステサロンについては、随時更新していくので、ぜひブックマークしてチェックしてくださいね!

【まとめ】痛くても我慢だけはNG

すらっとした細い脚

今回は痩身エステで痛みのある施術・痛みの少ない施術・痛くないのに効果が高いエステサロンについて紹介しました。

痩身エステは、痛ければいいというわけではありません。

痛いのを我慢してしまうと、あざや内出血につながってしまうこともあります。

痛気持ちいいレベルであれば良いのですが、それを超えて「痛い!」と感じる場合は、我慢せずに強さを弱めてもらうようにしましょう!

▼痩身エステに関するよくある疑問Q&Aのまとめはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

痩身エステラボ編集部

体験調査数・覆面調査数・口コミ数が国内最大級のエステサロン専門サイトです。コンテンツの作り方・運営ポリシーについては「運営方針」にまとめています。