カッピング(吸い玉)の効果は?痛い?副作用は?口コミ完全ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カッピングとは、痩せたい部分にカップを置き、中の空気を抜いて、肌に吸着させる施術のことです。

カッピングには、身体によい様々な効果があると言われ、海外モデルやプロアスリートの背中にも、カッピングの痕が残っていたことから、注目を集めました。

しかし、あの真っ赤になったカッピングの痕を見ると、とても痛そうですし、副作用がないのか心配になりますよね。

そこで今回は、痩身エステで行われている、カッピング療法についてまとめてみました!

安い価格でカッピングを体験できる、オススメのエステサロンも紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

そもそもカッピング(吸い玉)とは?

そもそも「カッピング」とは、古くから中国に伝わる民間療法のことで、「吸い玉療法」とも呼ばれています。

専用のカップを肌に当て、中の空気を抜いて吸着させると、からだの奥にある、汚れの溜まった血液「瘀血(おけつ)」を、皮膚の表面に引き上げることができ、血行が良くなるそうです。

皮膚が真っ赤になるので、内出血と勘違いしてしまうかもしれませんが、血管が切れているわけではないので、押しても痛みを感じません。

カッピング痕の色が重要?

カッピング痕の色は、現在の健康状態を表していると言われています。

色が薄いほど、血行が良く健康的であるのに対し、色が濃いほど、血液がドロドロしており、状態も悪いそうです。

体質が改善されてくれば、カッピング痕の色も変わってくるので、ぜひ薄い色を目指しましょう!

カッピングの効果は?

カッピングは、肌に吸着させるだけの施術なので、「本当に効果はあるの?」思う方もいるかもしれませんが、次の3つのような効果を期待することができると言われています。

1、血液の循環が良くなる

先ほども紹介しましたが、カッピングには、血液の循環を良くする効果があり、施術を受けると、次第に身体がポカポカしてくるそうです。

その結果、からだの代謝が上昇するので、「ダイエット効果」や「美容効果」を期待することができます。

また、リンパの流れも良くなり、老廃物の排出がスムーズになるので、「デトックス効果」も高まるでしょう。

ちなみにその結果、身体の不要な水分でカップの内側が曇ってしまったり、カップを外した時に、悪臭がしたりする方もいるそうです。

2、内臓の働きを促進する

カッピング療法といえば、背中にカップを置いて施術するイメージがあるかもしれませんが、お腹に置いて施術する場合もあるそうです。

お腹周りをカッピングすると、消化器官を刺激するので、消化・吸収の働きを促進させることができます。また、腸内活動が活発になるので、便秘を治したい方にオススメです。

他にも、子宮や卵巣などの血液循環を良くする効果があり、不妊治療にも良いと言われています。

3、ツボの刺激により、さらに様々な効果が

カップを吸着させると、肌に程よい刺激を与えるので、身体のツボに合わせてカッピングをすると、さらに効果的です。

具体的には、次のような症状を改善することができます。

  • 不眠症
  • 疲労
  • 神経痛
  • 肩こり、腰痛
  • 自律神経の乱れ

特に、自律神経が乱れていると、満腹感を得にくくなったり、ストレスを感じやすくなったりするため、ダイエットが辛くなってしまうはずです。ストレスフリーなダイエットをするにはカッピングは効果的と言えるでしょう。

もし、自分に当てはまる症状があれば、ぜひカッピング療法を受けてみてください。

カッピングの口コミは?

カッピング療法に効果があるとわかっても、その「痛み」と「痕」が気になってしまいますよね?

カッピングの痛みについては、「気持ちよい痛さを感じる」という口コミがほとんどでした。吸引された部分は真っ赤になり、とても痛そうですが、我慢できない痛みではないそうです。

カッピングの痕については、「消えるまでに1週間程度かかった」という意見が見られました。

口コミ通り、見た目がひどいことになってしまうので、予定をしっかり確認してから、施術を受けるようにしてください。

ちなみに、カッピング痕がつきにくい、「スライドカッピング」という療法をしているエステサロンもあるので、気になる方は、そちらを選ぶのも良いでしょう。

医療機関で行うカッピング療法「瀉血(しゃけつ)」との違い

口コミの中には、「針を使って血抜きをするカッピング」について書かれているものもありましたが、エステサロンのカッピングで、針は使用しません。

針を使うカッピングは、「瀉血(しゃけつ)療法」と呼ばれ、医療機関で受けることができます。針を刺した後にカッピングをすることで、汚れた血を抜き取り、疲労回復などの効果があるそうです。

人によっては、血がたくさん出てしまい、貧血になる方もいるそうですが、エステサロンのカッピングでは、瀉血をすることはないので、安心してください。

カッピング(吸い玉)の体験なら「スリムビューティーハウス」

カッピングを体験するのであれば、「スリムビューティーハウス」がオススメです。

スリムビューティーハウスの体験プログラム、「骨盤ダイエットBeautyコース」は、37万人が体験している大人気のコースで、その中にカッピングも含まれています。

筋肉を刺激する「EMSマシン」や、代謝をアップさせる「ヒートマット」と一緒に、70分間しっかり体験することができるので、高い痩身効果を期待できるでしょう。

今なら初回限定価格で、「500円(税込)」になっているので、このタイミングを見逃さないようにしてください!

カッピングを自宅で行うときのやり方

市販のカッピングを購入すれば、自宅でも簡単に、施術をすることが可能です。

カッピングの種類には、自分で空気を抜いて、強さを調節できるプラスチック製のものや、手で簡単に吸着させることができる、シリコン製のものがあります。

背中をカッピングするときは、1人だと厳しいので、誰かに手伝ってもらいましょう。施術時間は、1日長くても15分程度にしてください。

カッピングの価格については、おおよそ「3,000円」で、安いものだと「1,000円」以下で購入できますが、本格仕様のものは「5,000円」を超えてしまいます。

まずはエステサロンで体験してみて、通うのが難しいようであれば、カッピングを自宅で行うのも、良いかもしれません。

カッピングの危険性・副作用は大丈夫?

カッピング自体に危険性はありませんが、施術をすると一気に血行が良くなるため、副作用が出る場合があります。

ここでは、カッピングの大事な内容を紹介しているため、しっかりマスターしてください。

1、好転反応が出る可能性がある

好転反応とは、施術が終わってから起こる、一時的なからだの反応のことです。調子が良くなっている証拠なので、特に心配する必要はありません。

カッピングの施術を受けると、次のような好転反応が出る可能性があります。

  • だるさを感じる
  • めまいが怒る
  • ふらついてしまう

これらの症状は、24時間以内に治る場合がほとんどですが、長く続くようであれば、一度サロンに電話してみるか、病院で診てもらいましょう。

2、施術前後に控えた方が良いことは?

カッピングの施術前後には、控えるべきことがあるので、ここで確認しておきます。

まず、カッピングの施術前には、「食事」と「運動」に注意してください。

特に食事ついては、食後1時間以上が経ってから、カッピングを受けるようにしましょう。

そして、カッピングの施術後に気をつけるのは、「お風呂」と「お酒」です。

カッピングの後に入浴しても大丈夫ですが、長時間のお風呂は、からだに負担がかかるので、簡単に済ませてください。また、血行が良くなり、アルコールを吸収しやすくなっているため、飲酒もNGです。

カッピングは痕が残るので計画的に!

今回は、カッピング療法の効果や口コミ、副作用について紹介しました。

今回の内容をまとめると、

  • カッピングは血液の循環を良くするので、様々なダイエット・美容・健康効果が期待できる
  • カッピングの痛みはそれほど強くないが、痕は1週間ぐらい残るので注意
  • 500円程度で安く体験することができるので、まずは受けてみるのがオススメ

カッピングをすれば、代謝が高まり、脂肪を燃焼しやすくなるので、他の施術と組み合わせることで、さらに高い痩身効果を期待することができます。

ただし、カッピングの痕が残ってしまうので、予定をしっかり確認してから、受けるようにしてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

痩身エステラボ編集部