痩身エステは生理中はNG?生理前・生理後は効果も変わるは本当?

痩身エステは生理中はNG?生理前・生理後は効果も変わるは本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「痩身エステの予約をしているのに、生理になってしまった」、なんてことありませんか?

生理中にエステに行くのは不安ですが、新しく予約を取るのも面倒ですし、どうしようか悩んでしまう方もいるでしょう。

基本的に、生理中の痩身エステは、受けない方が良いと言われており、大手エステサロンの「BTB」や「エルセーヌ」なども、生理中は避けることをオススメしています。

そこで今回は、痩身エステを生理中に受けない方が良い理由をまとめてみました。

この記事では、生理の前後のタイミングで、痩身エステの効果が現れやすいベストタイミングについても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

痩身エステを生理中に受けない方が良い理由

痩身エステは生理中はNG?生理前・生理後は効果も変わるは本当?

生理中の痩身エステをオススメしない理由は、大きく4つあります。

1、体調を崩しやすい

痩身エステを生理中に受けると、血行が良くなるため、生理痛が軽減されることもあるそうです。

しかしそれよりも、身体への負担が大きいため、体調を崩しやすいと言われています。

頭痛やだるさのような生理中の不調を、余計に強く感じたり、お腹に刺激を与えるような施術を受けて、生理痛がひどくなったりするかもしれません。

なかには、生理中はにおいにも敏感なので、サロン独特のにおいを嗅いで、気持ち悪くなってしまう方もいるそうです。

2、貧血になりやすい

痩身エステで血行が良くなると、経血の量が増えて、貧血になることがあります。

生理中は、ただでさえ血の量が少なく、立ちくらみやめまいを起こしやすい状態なので、痩身エステを受けるのはとても危険なのです。

特に、ヒートマットやドームのような、身体が温まる施術を受けると、最悪の場合、倒れてしまうかもしれません。

サロン側にも迷惑をかけることになりますし、それ以降も気まずくなってしまいますので、痩身エステを生理中に受けるのは控えるようにしましょう。

3、肌が敏感になっている

生理中は、カミソリ負けをしてしまったり、肌荒れになってしまったりと、肌がとても敏感になります。そんな状態で施術を受けると、肌トラブルが起こりやすくなるのです。

炎症で赤くなるだけでなく、内出血になってしまうこともあり、そうなると跡が消えるまでに、1週間程度かかるでしょう。

また、炎症や内出血が治るまでは、施術を受けられないサロンも多いので、せっかくの痩せる計画が台無しになってしまいます。

高い費用をかけて、痩身エステに通っているので、リスクの高い生理中は、避けた方が無難です。

4、落ち着かない

生理中の痩身エステは、とにかく落ち着きません。

まず、施術中は紙ショーツに履き替えるわけですから、ナプキンが見えていないか気になってしまいます。

中には、Tバックタイプのショーツが用意されているサロンもあるので、そしたらもう隠すことはできません。

また、タンポンであっても、経血のにおいにエスティシャンが気づいていないか、心配で落ち着かないでしょう。

そして1番不安なのは、経血が漏れてしまうことです。

もし、白いシーツやタオルを経血で汚してしまったら、恥ずかしくて通いづらくなってしまいますよね。

本来であれば、リラックスした状態で受けるのが痩身エステですので、生理が落ち着いてから、再度を予約するようにしてください。

生理前と生理後で痩身エステの効果は変わる?

生理前と生理後で痩身エステの効果の違い

痩身エステを生理中に受けても痩せにくいのですが、生理前と生理後でも、ダイエット効果の現れ方が変わってきます。

より効率よく痩せたいと思っている方は、ここからの内容もしっかりチェックしておいてください。

生理前の痩身エステ

痩身エステを生理前に受けることは、生理中と同じで、あまりダイエット効果が期待できません。

その理由は、女性ホルモンの「プロゲステロン(黄体ホルモン)」にあります。

生理前から生理中にかけては、このプロゲステロンの分泌量が多くなり、水分や栄養をからだに蓄えようとしているので、痩せにくくなっているのです。

そのため、生理が始まる1週間ぐらい前から、生理中の1週間は、痩身エステに通う回数を減らした方が良いでしょう。

どうしても通いたいという方は、1度サロンと相談してみてください。

生理後の痩身エステ

一方で、生理後は痩せやすい体質になっているので、どんどん予約を入れましょう。

その理由は、女性ホルモンの「エストロゲン(卵胞ホルモン)」にあります。

生理後は、プロゲステロンの分泌量が少なくなって、エストロゲンの分泌量が多くなるので、代謝が上がり、痩せやすくなっているのです。

そのため、痩身エステに通っている方は、 生理後の2週間、積極的に予約することをオススメします。かといって、毎日通っても見合った効果は見込めませんので、注意してください。

痩身エステが初めての方も、生理後に体験を予約を入れることで、ダイエット効果を実感しやすくなりますよ。

まとめ

痩身エステで足を施術

今回は、痩身エステを生理中に受けない方が良い理由について紹介しました。

今回の内容をまとめると、

  • 生理中は痩身エステに行かないほうが良い
  • 生理前は行けるが効果が落ちる可能性がある
  • 痩身エステの効果を高めるなら生理後が1番

痩身エステは、血液の循環を良くして、体を体質から変えていくものですが、生理中には負担が大きすぎてしまします。

無理に施術を受けると、身体に悪い変化が出たり、精神的に疲れてしまったりするので、まずは1度、サロンに相談してみましょう。

そして、次の予約を入れるときには、痩身エステの効果が現れやすい、生理後の2週間を狙うことをオススメします。

生理で予約をキャンセルするのは、仕方がないことです。自分の生理と向き合いながら、痩身エステで綺麗になりましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

痩身エステラボ編集部

体験調査数・覆面調査数・口コミ数が国内最大級のエステサロン専門サイトです。コンテンツの作り方・運営ポリシーについては「運営方針」にまとめています。