痩身エステの効果から注意点まで、気になる23の疑問Q&A

「痩身エステは効果あるの?」
「通う上で注意すべきことはある?」

などなど…、痩身エステに関する気になること23問をQ&A形式でまとめました。

さまざまなエステサロンを調査し、体験してきた「痩身エステラボ」の編集部が徹底調査をした上でまとめています。この記事を見れば疑問点はなくなるはずです!

目次の項目をクリックすると該当の部分まで飛べるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

1、「痩身エステ」の読み方は?

そうしんエステ」と読みます。

痩せた身体にするエステの略です。

2、そもそも痩身エステは効果あるの?

痩身エステの効果は、そのエステサロンと施術の種類によりますが、しっかりとしたサロンを選べばダイエット効果を期待できます。

例えば大手のエステサロンのなかには、

  • 医師が監修をしているエステサロン
  • 医療機関でも使用されている機器を使っている
  • 「医療関係者が選ぶ安全で効果のあるダイエットサロン」に選ばれている

といったところもあります。

当サイトでは、口コミ調査だけでなく、覆面モニターによる潜入調査や編集部による体験調査もおこなっています。

その際にも、結果が出ているサロンは数多くあるので、選ぶサロンを間違えなければ、ダイエットを心強くサポートしてくれると言えるでしょう。

3、痩身エステは痛いって本当?

痩身エステには「痛みを感じやすい施術」と「痛みを感じづらい施術」があります。

また、脂肪やセルライト、リンパの詰まりがひどい部位は、より痛みを感じやすくなります。

「痛い=効果がある」というわけではないので、効果重視でストレスにならない施術を選択するのがいいでしょう。

▼それぞれの施術の痛みレベル、痛くない人気サロンはこちら

4、勧誘はしつこい?

体験コースが用意されている痩身エステでは、基本的には勧誘があります。

勧誘がしつこくないエステサロンの特徴は次の2つです。

  • 大手の痩身エステサロン
  • 公式HPに「しつこい勧誘はしない」と明記している

このようなエステサロンだと、勧誘はしつこくない傾向があります。

あくまで目安ではありますが、予約するときは公式HPをチェックするようにしましょう。

▼勧誘がしつこくなる注意すべき断り方・効果的な断り方はこちら

5、費用はどのくらいかかる?料金相場は?

痩身エステの費用は、エステサロンによってかなり幅があります。安いところでは1回あたり数千円ですが、高いところでは1回3~4万円することも。

痩身エステの料金相場は、編集部調べでは次の通りです。

  • 個人経営を含む料金相場:11,378円
  • 大手エステサロンの料金相場:15,816円
  • 大手メンズエステの料金相場:22,000円

大手の痩身エステは、どうしても使用している機器が最新のものであったり、内容が充実していたりするので、価格は高くなる傾向があります。

大手の痩身エステに週1回・3ヶ月通うとすると、20~25万円程度は基本的に必要になるでしょう。

ただし、これはあくまで相場なので、もっと価格の安い痩身エステもあります。以下の記事にまとめているので、参考にしてみてください。

▼大手サロンの料金比較、1回1万円以下でおすすめのエステサロンはこちら

6、男性でも通える?浮かない?

最近では女性だけでなく、男性の方でも痩身エステに通う方が多くなっています。

スタッフさんも男性のお客さんには慣れていますし、一定数は男性のお客さんなので、浮くようなことはないでしょう。

もしそれでもご心配の方は、男性専用の「メンズエステ」でしたら、スタッフさん以外は男性なので通いやすいと思います。

▼アンケート調査で分かったおすすめのメンズエステはこちら

7、エステにはどんなお客さんがいるの?

そのエステサロンによって、お客さんの層は異なります。20代~50代を中心に、幅広い年代の方がいるでしょう。

また体型やダイエットの目的についても、それぞれ異なります。

多くの痩身エステでは、プライバシーを考慮するよう、個室であったり、なるべく他のお客さんと接さないように工夫されていたりします。

その点は気軽に通えるようになっているので、安心してください。

8、痩身エステのメリット・デメリットを教えて!

メリット・デメリットをまとめると次のようになります。

痩身エステのメリット

  • 通常よりは楽に痩せることができる
  • 最新機器は特にダイエット効果も高い
  • 部分痩せに強い
  • 身体の後ろ側のケアもできる
  • ダイエットのアドバイスがもらえる
  • 1人じゃないから継続しやすい
  • 体重を落とすだけでなく美しいスタイルを目指せる
  • リラックス効果・健康効果も期待できる
  • 痩せやすく太りづらい体質を目指せる

痩身エステのデメリット

  • 費用が掛かる
  • 定期的に通わないといけない(時間が掛かる)
  • 暴飲暴食をしたら、さすがに痩せられない
  • 悪質なエステサロンも一部ある
  • 自分に合ったエステを見つける必要がある

このようなメリット・デメリットがあります。

痩身エステは、ダイエット効果の部分ではメリットばかりですが、費用が掛かるのが大きなデメリットですよね。

ある程度の費用が掛かっても良い!という方にはおすすめです。

9、痩身エステの体験をはしごするのはあり?

比較検討をするために、体験コースをはしごすることは、悪いことではありません。

もちろん最終的にどこにも通うつもりがないのに、冷やかしで体験だけ受けるのはNGなので、注意しましょう。

ちなみに体験コースのはしごは、それだけでもダイエットになるので、積極的に活用するのがおすすめです。

▼編集部が体験はしごを1ヶ月試した結果、はしごにおすすめのサロンはこちら

10、おすすめの痩身エステはどこ?

痩身エステラボ編集部では、運営方針に基づき、

口コミ調査→覆面調査による格付け→編集部による体験調査

という三段階のリサーチを徹底しています。

徹底調査の結果、最もおすすめしたい痩身エステについては、以下の記事でまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

▼2019年最新版のおすすめ痩身エステランキングはこちら

11、セルライトや頑固な脂肪はなくせるの?

セルライトや頑固な脂肪は、すぐに解消できるものではありませんが、しっかりと通えば改善していくことができるでしょう。

医師が監修をしていて、医学的な根拠のある施術を行っているメディカルエステ「シーズラボ」も次のように回答しています。

エステなどでプロに使われているマシンは、一般的に市販されているマシンとは出力が違います。そのため、より効率的なセルライト解消が期待できます。
引用:メディカルエステ「シーズラボ」公式

自宅のケアでは、「予防」はできても「改善」まではできないと言われているので、プロに任せるのは手だと思います。

セルライト解消が得意なエステサロンについては、以下の記事でまとめているのでチェックしてみてください。

▼セルライト除去が得意な痩身エステの最新ランキングはこちら

12、どのくらい効果は持続するの?

痩身エステの持続効果については、施術によって変わってきます。

平均的にはおおよそ2~3日、長くて6日程度が持続する期間です。

そのため、理想としては週に1回を目安に通うようにすると、結果が出やすくなるでしょう。

▼効果をより長く持続させるための簡単テクニックはこちら

13、頻度はどのくらい通えばいいの?

推奨される頻度は、施術によっても異なりますが、おおよそ「1週間に1~2回」が効果的です。

ただし1週間に2回通うとなると、費用も多額になってしまうので、1週間に1回+簡単なセルフケアを意識すると良いと思います。

▼通う期間・頻度を減らすためのテクニックについてもこちらから

14、施術時間はどのくらいかかるの?

施術時間は、そのエステサロン・選択するコースによって異なります。

着替えやメイク直しに加えて、初回体験の場合は事前カウンセリングや採寸、アフターカウンセリングなどがあります。

施術時間+1時間」は、最低でも見ておいたほうが良いでしょう。 

早く帰りたい場合は最初に伝えておくと、時間を調整してもらえます。

15、生理中も通える?

生理中はお腹や太もも以外であれば、エステサロン次第で受けることはできますが、基本的にはおすすめしません。

生理中は避けたほうが良い理由は次の4つです。

・体調を崩しやすい
・貧血になりやすい
・肌が敏感になっている
・落ち着かない

生理前後での効果の違いについては、以下の記事で詳しくまとめているので、参考にしてみてください。

▼生理前後での効果の違い、注意点はこちらから

16、全部で何回くらい行けば痩せる?

エステで痩せるにはおよそ10~14回程度行くと良いと言われています。

1週間に1回とすると、期間ではおよそ3ヶ月は必要ということになります。

17、リバウンドは大丈夫?

どんなダイエット方法でも、痩せたあとに意識しなければリバウンドしやすくなってしまいます。

ただし痩身エステでは、多くのサロンで「体質を改善して代謝を上げる」施術を行います。

こういった施術があるサロンであれば、リバウンドはしづらいでしょう。

18、施術を受ける日の食事は注意すべき?

痩身エステ当日は、食事に注意する必要があります。

  おすすめの食べ物 食事の時間
痩身エステ前の食事 消化に時間の掛からない食べ物 1~2時間前までに済ませておく
痩身エステ後の食事 高タンパク、ビタミン・ミネラルが豊富な食べ物 2~3時間後はあける

また、次に挙げる食べ物は痩身エステの前後はNGです。

・油っこいもの
・砂糖たっぷりのお菓子
・アルコール類

細かく挙げると、もっとありますが、基本的には上記を抑えておけば大丈夫でしょう。

特に注意すべき痩身エステ後の食事については、以下の記事でまとめているので、参考にしてみてください。

▼もっと細かい食べてOKな食べ物・NGな食べ物はこちら

19、あざや内出血ができることもあるって本当?

稀ではありますが、リンパドレナージュや吸引ローラーマシンなど、トリートメント系の施術(脂肪をゴリゴリマッサージする施術)は、あざや内出血ができる場合もあります。

特に脂肪やセルライトがひどい部位は、あざができやすくなります。

「痛気持ちい」のレベルを超えるとできやすくなるので、注意しましょう。

なお、あざではなく「好転作用」の場合もあります。好転作用とあざの見分け方については、以下の記事でまとめているので参考にしてみてください。

▼あざができた場合の対処法・できづらくする方法はこちら

20、持ち物は何を持ってけばいい?

必ず必要なもので言いますと、身分証明書くらいです。

また、施術は汗をかく場合もあるので、お化粧品などは必要でしたら持っていくようにしましょう。

ちなみに大手のエステサロンでは、最低限のスキンケア用品などは置いてありますので、安心してくださいね。

21、途中解約・クーリングオフはできる?

月額制・回数券制どちらの場合も、クーリングオフもしくは中途解約が可能です。

クーリングオフの場合は全額返金されますが、中途解約ですと一部負担が必要になります。適用の基準は次の通りです。

  • クーリングオフ:契約日から8日以内
  • 中途解約:8日以降

詳しい手順や詳細は以下の記事にまとめているので、参考にしてみてください。

▼具体的な方法や返金してもらえる金額についてはこちら

22、パーソナルジムに通うのとどっちが良い?

ダイエットをするにあたって、痩身エステとパーソナルジムのどちらにするかを迷う方は非常に多くいます。

掛かる費用は同じくらいですが、主な違いは、

・ダイエットの目的
・ダイエットの方法

の2つです。

  ダイエットの目的 ダイエット方法
痩身エステ スタイル良く痩せたい、部分痩せしたい 最新エステ機器でダイエットをする
パーソナルジム 引き締まった身体にしたい、筋肉をつけたい 運動・筋トレでダイエットをする

このような違いになると思います。

まずは体験をしてみて、ご自身のダイエットの目的や方法に、ギャップがないほうを選ぶと良いでしょう。

23、未成年や学生でも通える?

未成年で通えるかどうかは、そのエステサロンにもよりますが、通えたとしても基本的に親の同意書が必要になります。

学生についても、エステサロン次第なので、事前に確認するようにしましょう。

エステの基礎知識に関する記事一覧